スポンサーサイト

  • 2013.05.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ZIGZAG

    • 2009.05.06 Wednesday
    • 22:39
    もっぱら、音楽はこれで。
    2009050622350000.jpg

    最近、相方ちゃんも買ったらしい。
    いろんな使い方を教えてくれたけど、
    年なもので、なかなか使いこなせてません。
    とりあえずは、音楽、音楽。

    しかし。
    新しい機器で、昔の曲を聴くってのも、不思議な感覚。
    レコードからCDに変わり始めた頃のアルバムです。
    2009050622320000.jpg


    JUGEMテーマ:モブログ


    臼杵川を渡れば・2

    • 2008.03.12 Wednesday
    • 20:07
    「臼杵川を渡れば」

    別のサイトを見つけた。
    こっちの方がメロディーがわかりやすいかも。

    ……。
    カラオケに…ないよなあ。
    全然メジャーじゃないローカルなCM曲だもん。。


    JUGEMテーマ:日記・一般


    御箱

    • 2008.03.06 Thursday
    • 19:24
    昨日、ひろちゃんとカラオケに行った。
    ひろちゃんはお母さまが先月亡くなったばかりで、
    カラオケどころではないのだが、
    以前に「一緒にカラオケに行こう」と約束していた人がいて、
    弔事で約束を果たせないでいたのだ。
    その人はひろちゃんが仕事(手作り)でとてもお世話になってて、
    私も面識があり、
    結局、3人で行くことに。
    急だったので、わたしなんか仕事帰り。
    買いもの袋、その他諸々かかえてのカラオケ…。

    あまり知らない人とカラオケに行くなんて、
    私も進歩?したもんだ。
    って、もうヤケクソである。
    だって音痴なんだもん。

    そこでその人に言われたこと。

    「Oちゃんって、マニアックやなあ」
    「そ、そうっすか?」
    とは答えないよ。数歳年上の人なので
    「そうですかねぇ」
    「この歌手には、この歌!ってのをはずして、違う歌、歌うよね」
    「だって、その歌が好なんですもん」

    昨日も、
    今井美樹『オレンジの河』
    「そこは『プライド』やろ〜」

    松田聖子『制服』
    「知らないなあ」
    「アルバムの曲です…」

    松任谷由実『海を見ていた午後』
    一緒にハミングしてたので
    「知ってるでしょ?」
    「いいや、知らん」
    (知らんなら、歌うなよ〜〜)

    山口百恵『愛に走って』
    「これも、知らん」
    「これって、ドラマの主題歌よね?」とひろちゃん。
    「え? そうなん?」
    知らなかった。てっきりシングルだと思ってた私。

    太田裕美『雨だれ』
    「なんで『木綿のハンカチーフ』やないと?」

    高田みずえ『私はピアノ』
    「『硝子坂』〜」

    キロロ『もう少し』
    「やっぱり、違うね」

    中ノ森バンド『風になりたい』
    「これは吉田拓郎だから、知ってますよね?」
    「いや、知らん。あ。サビのとこだけはわかる」

    コブクロ『桜』
    「やっぱ違うなあ普通『蕾』だろうに」

    絢香『三日月』
    「はぁ…Oちゃんの十八番は変わってる」

    そういえば、以前Uさんからも言われたっけ。

    「あんたは面白い! その歌手の2番手の曲、歌うよね」
    「そうなんです。チェリッシュなら『てんとう虫のサンバ』じゃなくて『若草の小徑』や『白いギター』。イルカなら『なごり雪』じゃなくて『雨の物語』。天地真理なら『恋する夏の日』じゃなくて『思い出のセレナーデ』なんですよ」

    その時は小柳ルミ子の『京のにわか雨』。
    Uさん、若い頃、アルバムとか持ってたんだって。
    『瀬戸の花嫁』ではなく『京のにわか雨』。

    その歌が好きということもあるけど、
    万人の知ってる曲を歌うって
    「ほら、私はこれだけ上手いだろう」
    っていう気持ちもあるんじゃないかな。
    昨日、ご一緒した人は、多分、そういう人たちとしかカラオケに行かないのでは…。
    ひろちゃんと私。
    ひけらかすほど、上手くないので(むしろ音痴あせあせ
    いいんです。これで。


    というわけで、
    私の「御箱(おはこ)」は「2番手」ということで。

    あ。柴じゅんも歌った。
    これは、はずせない。


    JUGEMテーマ:日記・一般


    臼杵川を渡れば

    • 2008.02.26 Tuesday
    • 21:59
    フンドーキンの話を書いたので、ついでに。

    かなり以前のフンドーキンのCMで使われていた曲。
    「臼杵川(うすきがわ)を渡れば」
    「ひまわり」という女子3人グループが歌っていた。

    レンタル屋さんの中古で見つけたCDを買った。
    それすらかなり以前。
    とってもいい曲だ。
    2008022621560000.jpg


    JUGEMテーマ:モブログ


    カラフル

    • 2007.09.26 Wednesday
    • 20:19
    大好きな柴田淳の新曲。
    発売前にエフエムから流れてきた。
    それからずっと聴いている。

    「カラフル」。
    いつになく幸せな曲。
    幸せな曲なのに、なんでだろ。
    なんだか泣けてしまう。

    好きになっても叶わない
    そう思って諦めてきたの
    目の前にいるあなたが不思議
    どうして私と喋っているの?
    夢でしか会えないから
    枕元で座るくまさんがあなただった…

    そんな「くまさん」なんて、
    そんな甘っちょろい歌詞。
    なかった〜
    今までになかった〜

    …からよけいに
    なんだかせつなくなる。

    いつもはどーんと重い片思いとか、ストーカーまがいの歌が多い。
    例えば「隣の部屋」。
    去っていった彼を待ちわびる女。
    思い出の曲を聴きに「いつもの店」に行ったり、
    もらった腕時計も大事にし、

    部屋に響きわたる寄り添いたくなる寂しい雨音…幸せ羨む私の泣き声
    枯れた花を思いやるように日のあたる場所へ置き換えていた…

    「隣りの部屋」でしょ?
    そ、それって「あの人のもとへ行ったまま」帰ってこない彼を
    隣りの部屋で待ってる???
    壁に耳をあて「幸せ羨む私」
    隣りの「枯れた花」を動かして「日のあたる場所へ」
    ひえぇぇぇ。

    でも、とっても好き。

    最近シングライクトーキングを彼女も好きだと知り、
    ますますいい感じだ。
    シングライクトーキング。
    こっちも私のお気に入り。

    ところで。
    これまたつい最近まで柴田淳の顔。
    知らなかった…。
    (いったい何を聴いとったんじゃ〜っ)
    というのも、
    なんかかん違い。
    柴田淳と柴田純。
    私の頭の中では柴田淳の顔ってずっと中谷美紀だった。
    あー。おお間抜け。

    魔王

    • 2007.06.24 Sunday
    • 17:33
    中学生が音楽教師に抱く感情。
    その両極端を体験。

    1年の時。
    美人ではないがセンスがよく芸術家タイプの女性教諭。
    男子がいつも取り巻きのように彼女のまわりにいたっけ。

    2年の時。
    いかにも音楽教師という感のちょっと太めな中年教師。
    男子が言うこと聞かなかったなあ。
    クラスにマサトキ君という歌の上手い男子がいて、
    先生は何かにつけ、彼に歌わせる。
    彼も歌が好きみたいで断わらずに歌う。
    そこでまた、
    「あ〜あ。またアイツかよ」
    みたいな空気が男子に流れていた。
    今、思えば、先生はマサトキ君と取っかかりにして
    授業をスムーズに進めたかったんだろうなあ。

    そんな音楽の授業。
    1年の1学期。
    芸術家肌の先生のもと、シューベルトの「魔王」鑑賞である。
    詩はゲーテ。
    父と子がかけあいで歌う。
    「お父さん、そこに魔王がいるよ」
    「ぼうや。あれは枯れ葉のざわめきじゃ」
    「お父さん。お父さん。聞こえないの? 魔王が何か言うよ」
    「ぼうや。あれはヤナギの幹じゃ」

    そんなやり取りが続き
    この坊やは「魔王に連れ去られて、息絶えて」しまう。

    クラスでもおとなしく目立たなかった私が
    なんで、教壇に上がって
    この「ぼうや」役をやるはめになったんだろう。
    今もって、よくわからない。
    誰かが「Oさんがいい」と言ったのか…?

    理由はなんとなくわかっている。
    この「黄色い声」のせい。
    小さい時から「声が高い」「キンキン声」だのと言われ続けていたから。

    その時やったかけ合いが
    単なる朗読だったのか、メロディーに合わせて歌ったのかも、
    よく覚えていない。
    あー。
    歌ったかも。
    今でもメロディー覚えてるもん。
    音痴なのに、歌ったのかよ???
    くはーーーたらーっ

    草原の輝き

    • 2007.06.21 Thursday
    • 21:31
    ムード
    いねむりしたのね いつか
    小川のせせら笑い 聞いて
    リーダーの本を枕に 今 目がさめたるんるん

    高校の時に、男子が替え歌で歌っていた。
    元歌は

    ムード
    いねむりしたのね いつか
    小川のせせらき 聞いて
    レンゲの花を枕に 今 目がさめた

    アグネス・チャンのヒット曲。
    (あーん。年がバレちゃう)

    替え歌は
    憶測がつく通り
    英語の授業。
    小川先生は私は習ったことないんだけど、
    はて。
    いったいどこで耳にしたのかな。

    今では変な中国人キャラでバラエティーに出ているアグネス・チャン。
    香港出身だったので、
    中国人ながらイギリスの雰囲気があって
    当時はとてつもなく人気のあったアイドルだった。

    あ。
    思い出した。
    高2の時に「集会」があった。
    扇動した生徒がいて
    全校生、体育館に集合。
    理由は忘れた。
    というか、ほとんどの生徒が
    「お。授業が中止じゃん」みたいなノリで体育館へ。
    先生方が阻止するまでのわずかな時間。
    どこかのクラスの調子のよい男子が
    ステージに上がって、この替え歌を歌って
    拍手喝采を浴びたのだった。

    私たちって、全共闘だの団塊だのとは世代がずれている。
    平和な高校時代で
    「三無主義」などと言われたものだった。
    だから「集会」や「デモ」とは無縁である。

    え?
    三無主義?

    無気力。
    無責任。
    無関心。

    です。
    そんなことはなかったんだけどなあたらーっ

    真矢みき

    • 2007.05.03 Thursday
    • 22:56
    久々に真矢みきが歌って踊るところを見た。
    いやあ、とっても新鮮に映った。
    今日の「きよしとこの夜」のゲスト。
    今では、女優とみんな思ってるけど、
    実は歌って踊れる人です。
    宝塚・花組トップでしたから。

    同期は涼風真世や黒木瞳だから、
    遅咲きのトップスター。
    彼女のすごかったところは、
    退団直前に髪を伸ばしてしたこと。
    男役トップなのに、長髪!
    かなりの異端児。
    お化粧も
    「あの濃いブルーのアイシャドーが不自然」
    と常々思っていたらしく、できるだけ自然なメイクを心がけた。
    涼風真世がトップだった頃なんて、
    本人が
    「きゃー。あれは弟です!」
    なんていうくらい真っ青なメイクだもん。

    ともかく、好きな女優さんの1人です。
    どんどんきれいになっていくのがうれしい。
    「私って、鯉に似てるって言われるんですよ」
    と本人が以前言ってたけど、
    今の美しさは内面からも出てるに違いない。

    ずんこさん(姿月あさと)と同じくらい好きなタカラジェンヌです。

    キャンディーズ

    • 2006.07.18 Tuesday
    • 20:48
    昨日、テレビでキャンディーズの特集。
    何故に今ごろ?
    と、思いつつ、見た。
    別にファンなわけではない。

    ところが。
    あらら。
    知ってる歌ばかりであった。

    昨日のドライブ中、ラジオから流れてきた曲が偶然にもキャンディーズ。
    「哀愁のシンフォニー」
    夫は「知らん」と言ったが、
    何故だろう。私は知っていた。

    そういえば、弟が…。

    弟。
    いつも登場するのは4姉妹の父である11歳年の離れた弟。
    こっちはきなこの恩人(押しつけた人、とも言う)だ。

    実はもう1人、3歳離れた弟がいる。
    わけあって(とういうわけでもない?けど)あまり行き来のない弟。
    彼が若い頃、キャンディーズのファンだった。
    当時、ビデオデッキもなく、あるのはラジカセとプレーヤー。
    プレーヤー。って、レコードを聴くやつね。
    でも、私も聞いてたんかなあ。
    記憶になし。
    ちなみにこっちは3姉妹の父親。
    女の子ばっかり。である。
    ん?
    もしかして、
    3姉妹でキャンディーズ???
    まさか!

    メグミルク

    • 2006.05.19 Friday
    • 21:04
    メグミルクのテレビCM。
    あれって、あの曲、ほらほら、あれだって。

    「悟空の大冒険」のエンディング曲です。

    ♪牛乳が好き。好き。好き。そんなやつがゴクンと…

    元歌はたしか

    ♪悟空が好き。好き。好き。そんなやつが悟空の大冒険を1回見たら
     びっくりして、でんぐり返って、てなことに、なってしまう。かもね

    と、こんな歌詞だった。
    なんたって小学生だった私。

    それにしても、なんで、これ使ったんだろ?

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM