スポンサーサイト

  • 2013.05.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    分岐

    • 2012.03.11 Sunday
    • 22:24
    1年が経った。

    去年の今日。
    私は、仕事を終えそのままの格好で、夫と別府へ向かっていた。
    子どもも独立し、ここ数年はこうやって、夫婦で出かけることが多くなった。
    車のラジオからは、けだるい国会中継が流れていた。
    車は高速道路をひたすら走り、運転のできない私は助手席で、少し眠くなってしまいそうな、その時。
    いきなり、ラジオが「津波警報」を発しだした。
    「え? 地震?」
    警報の津波の高さはどんどん高くなる。
    最初は、3メートルと放送していたのが、6メートル、10メートルと高くなる。
    車は別府湾パーキングに着いた。
    ドライバーたちが屋内の大きなテレビに釘付けになっている。
    そこには、津波に流される家屋や
    津波が平地をゆっくりと(画面からはそう見えた)這い上がっていく様子が映っている。
    津波というものはすごい高波がどどーんと押し寄せてくるものだと思っていた。
    よく漫画とか映画とかであるように。
    しかし、実際は違った。
    あんな青々とした大波ではなく、黒々とした濁流だった。
    こんな時に旅行なんてと思ったが、予定していたのでそのまま続行した。
    ホテルに着くなり、テレビをつける。
    それから、ちいさんと息子にメールした。
    東京はかなり揺れたようで、怖かったとのことだった。
    その夜。
    テレビはずっとつけっぱなし。
    気仙沼が燃えていた。
    使い古された「火の海」という言葉通りに。
    夜の火災が、音もなくテレビから流れている。
    その映像の間を縫うように緊急地震速報が入る。
    あの無機質な電子音が、不気味だった。
    被災地の人たちは、もっと恐怖に感じただろう。

    この時。私は、原発に思い至らなかった。
    翌日からちらほらと原発の報道が始まった。

    そして、1年が経った。
    ここでわざわざ書かなくても、原発が、被災が、その対応が、日本政府の状況が、
    みなさん、お解かりだと思う。

    あの時。
    3.11と9.11。
    なんだか、符号するものがあると思ったことを、今でも覚えている。
    世界は、あの9.11から変わってしまった。
    日本も、この3.11から変わってしまうんだろうか。
    これが分岐点で、
    のちのち「思えば、あの時から…」と回顧する日が来るのだろうか。
    その回顧が、後悔の回顧でないことを願うばかりだ。

    最後に。
    とっても非力な私は、世の中に対してなす術(すべ)を持たないけれど、
    ただ、
    真面目に生きよう。
    卑怯なことやこずるいことなどせずに、日々を真面目に生きよう。
    そう思っている。

    JUGEMテーマ:日記・一般


    スポンサーサイト

    • 2013.05.28 Tuesday
    • 22:24
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM