スポンサーサイト

  • 2013.05.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    赤江瀑

    • 2012.06.18 Monday
    • 22:09
    作家の赤江瀑氏が亡くなられた。
    私の大好きな作家だった。
    年齢から言って(母が存命なら同じ年である)かなりの高齢ではあったけれど、
    こういう日が来るとは思ってはいたけれど、さびしい。

    下関在住なのは知っていた。
    ちいさんの高校時代の古文の先生がその昔、
    赤江氏の姪御さんの家庭教師をしたことがあったらしい。

    私立高校だったから、きっと家庭教師もありだったと、思う。

    その時に、その姪御さんが
    「伯父さんは、ちょっと変」
    と言ったという。

    確かに。
    とっても耽美な世界観のある作風だし、美術や芸術に造詣も深い。
    今で言う「ボーイズラブ」的な話も多い。
    (そこは耽美な世界なので、華麗であるが)

    彼の「オイディプスの刃」は映画化されたがお蔵入りとなってしまった。
    でも、今、検索したらDVDは出てるみたい。
    そっか。
    その気があれば見れるのか。。

    ちょっと、見てみたい。

    ところで。
    私が赤江氏のファンになったきっかけはというと、
    ちいさんが幼稚園の頃、近くにあった市立のこども図書館で彼の本を借りたから。
    何故、赤江氏の本を手に取ったのか?

    それは

    「あ行」から読んでみよう。
    そんな無謀ともいえる(笑)所業をしたのである。
    「あ行」で、「あかえ」
    もうそこで、とまってしまったんだけどね。

    ご冥福をお祈りします。

    JUGEMテーマ:日記・一般


    スポンサーサイト

    • 2013.05.28 Tuesday
    • 22:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM