スポンサーサイト

  • 2013.05.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ヘブン・アンド・アース

    • 2005.09.01 Thursday
    • 07:53
    2003年中国。
    監督ハー・ピン。
    出演チャン・ウェン 中井貴一 ヴィッキー・チャオ ワン・シュエチー

    私の大好きな中国もの。それも西域。
    何気に見ていた。

    すばらしい…。

    のひとこと。
    ほとんどが砂漠のシーンなのに、どこをとっても美しい。

    中井貴一は遣唐使として中国(唐)に送られてきた日本人役で、早20数年唐に住んでいる。皇帝に帰国願いを出してはいるのだが、その武勇の腕を買われてなのか、それとも学問にも秀でた彼を手放したくないのか、あるいは所詮外国人だからいいように使われているのか、逆賊の討伐の任を負わされている。
    要するに「朝廷の密使」であり「刺客」。
    そしてこれが最後の任務、この任務を遂行できたなら帰国を許そうという段階にきている。

    この中井貴一がかっこいい。
    全編中国語なのでセリフは少ないんだけど、そこがまたよい。自分を出さない押さえた性格をかもし出している。
    彼の独白は日本語。淡々と語る中井貴一の語り口もよい。

    「亡国のイージス」の彼もこんな感じなのかな。
    あれはクールなテロリスト役なんでしょ。見てないけど。

    ちょっと気になったのは場面転換シーン。
    暗転して消えてしまう。
    すべて暗転で場面が変わる。
    最近の映画ではめずらしいのではなかろうか。
    遠景や顔のアップなしでいきなり場面が変わるよね、最近の映画って。
    そこで見てる方も切り替えて、さっと物語に入る。
    それに慣れていたので、この「暗転」が最初はとても不要なものに思えた。

    すべては何もない「砂漠」で繰り広げられる物語。
    こうでもしないとわかりにくいということなのだろうか。

    砂漠を行くのは大事な荷を抱えたお坊さん。
    それを守る逆賊の汚名を着せられた兵士。
    その一行に付き従っている中井貴一。
    大事な荷を狙う馬賊。

    今はもう唐も馬賊も賑わった砂漠の街もオアシスもない。
    大自然や悠久な時の流れの中では、人間の営みや欲望なんて砂漠の砂よりも小さいくだらない。
    暗転して消えていく映像はそう言いたいのかもしれない。

    色即是空。空即是色。
    この言葉を伝えた鳩磨羅什(くまらじゅう)。
    彼は西域の小さな国の王族だった。
    砂漠に住んでいたからこそ、サンスクリット語の仏典を彼はそういうふうに訳したのかもしれない。
    そんなことも考えてしまった。

    スポンサーサイト

    • 2013.05.28 Tuesday
    • 07:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      監督・脚本、フー=ピン。2003年中国。時代劇アクション映画。原題『天地英雄(W
      • erabu
      • 2005/09/25 8:34 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM